ペットとして飼っている猫の健康状態を守る

ペットとして飼っている猫の健康状態を守るためには、キャットフードをどれにするか選ぶことは大切なことです。

キャットフードは総合栄養食と一般食という2種類に分けられます。

前者は猫のために不可欠な栄養が、バランスをよく考えて入れられているもので、普段の食事はこちらをベースと考えて食べさせると、健康のために良いと言えます。

後者はその時の猫の健康状態を考えながら、足りていない栄養を補うという意味で使うフードです。

一方、病気を治癒させるために与える食事は、療法食になります。

野生とは程遠い快適な生活を知ってしまった猫は家の外で遊ぶことがないので爪が短くなりにくいのです。

そのため、ある一定の期間が過ぎたら爪をケアしてあげることが大切です。

しかし、爪切りが嫌いな猫がほとんどですので、気長にやれようにしましょう。

猫が眠りそうな時は隙が大きくなるので、タイミングよくやってあげると効率良くできると思います。

暴れる程嫌がることを続けると効果が望めない場合もあるので、タイミングを見計らってあげることも考えてあげましょう。

猫は爪とぎが大好きです。

生理的にするので、爪とぎは誰にも止められないのです。

所構わず、爪をとがれないよう、防止策を行います。

家具や壁、柱などよりも、猫が気に入りそうな様々なタイプの爪とぎを試してみて、爪とぎの場所を覚えさせましょう。

傷がつくとショックなものには、傷がつかないように、爪とぎを設置しましょう。

みえない位置にきゅうりをおいてみると猫が飛び上がって驚いたという話を聞いたことがあります。

どんな種類のどんな猫でもこうなるのではないのです。

色々な人が色々なこと説を唱えていますが猫にとってその形などがきらいなものに似ていたのかもしれません。

そこまでするのはストレスの原因となっている可能性があるので面白半分にやらないでください。

しばしば、血尿は猫にとって大きな病気のサインであることがあります。

トイレの手入れをしている時に血がついているのを見たり、お尻の部分に血がついていることに気付いたら早いうちに病院で診察をしましょう。

血尿の原因として最も多いのは膀胱炎や尿路結石になりますが、急性腎不全という重篤な病気である可能性も否定できないからです。

特に、嘔吐の症状がみられる場合はよく注意を払ってください。

長ねぎや玉ねぎのようにネギ類と呼ばれているものは、猫に食べさせるということは何があってもしてはいけません。

食べてしまったということが仮にあったとすると、中毒症状があらわれ、最悪死んでしまわないとも限りません。

近くに猫がいるときは、料理に中にネギ類が入っているような食事は、安心にために避けましょう。

もしも猫がネギ類を食べてしまうということがあった場合、すぐ動物病院に連れていかないという選択肢はありません。

拾われた野良猫や引き取られた保護猫の場合だと、初めは飼い主にあまりなつくことはありません。

時間をかけて信頼関係が出来てくることにより、猫もなつくはずですので、焦らずに愛情を注ぎ続けることが大切です。

早くなついてほしい時にいい方法が、この人がご飯をくれる人だと思ってもらえるように、皿などで間接的にあげるのではなく、自分の手で直接的に、ご飯を与えることが有効なのです。

ご飯でなくても、おやつを手であげるのも効果的のようです。

好きすぎて2匹目を飼ってみたい、先住猫にとっても仲間が増えて良いのでは等の理由から、多頭飼いに関心を持ち、考える人がいます。

とはいえ、多頭飼いするには留意すべき点があります。

まずはじめに先住猫と相性が合うかが大事です。

お互い子猫であれば割と慣れやすいのですが、成長してからの場合は猫同士のストレスにもなりかねません。

それに、複数の猫にとって十分な広さがない場合にもストレスとなり得るでしょう。

毛がぬけて自分の排泄物を舐めたり、機嫌が悪そうであれば、猫の体調の異変に気付いてあげられるでしょう。

猫も人間と同じで、早く治療を開始できれば、非常に治療に役立ちます。

いつものように食欲や排せつ量が少ないと感じたならば、すぐに獣医さんに診てもらいましょう。

治療費の支払いが厳しいからといって、すぐに病院へ行けないなんてことにならない為に、ペット保険の加入も考慮しておくと、すぐに獣医に診せにいけるので安心です。

元気に見えても猫の下痢が続く際にはしんどそうじゃないからと決めつけず出来れば病院へ連れて行きましょう。

食べ物による可能性もありますし、ストレスによる可能性も考えられますし何も異常ない可能性もありますが、医師にしか原因はわかりません。

便は言葉の話せない猫の訴えの一つです。

下痢が起きていると言う事は猫がヘルプを発信していると見た方がいいかもしれません。

キャットフードおすすめを舐めた人間の末路